腰痛・ぎっくり腰

こんなお悩みありませんか?

  1. 明るい挨拶

    定期的にギックリ腰を繰り返してしまう。
    お仕事や家の中で一定時間座っていると痛みが出てくる。
    腰を屈めようとすると痛みが走る。
    朝起きた際に腰に痛みがある。
    上記のような痛みを繰り返す。

    実は整骨院を受診される患者様のお悩みで、1番多いものが腰痛です。

    腰痛は冬に起こりやすいというイメージを持たれている方が多いですが、年間を通して腰痛の患者様がいらっしゃるのが実情です。

    当院では、腰痛に対して対症療法ではなく、原因を特定し根本的に改善することを目的とした施術を行っております。

  2. 腰痛に対する自院の考え

    腰痛に対する自院の考え

    当院では腰痛の原因は腰自体にある場合と腰に原因がない場合と2つに分けて考えています。
    前者は長時間同じ姿勢で作業される方に多く、抗重力筋呼ばれる身体を支える筋肉に原因がみられます。
    後者は繰り返しの動作を行う作業の方に多く、臀部や股関節周囲の筋肉の運動性が低下し関節の可動域が制限されていることで腰痛を引き起こす原因となっています。
    その患者さん一人ひとりの生活の「くせ」を把握し原因を見つけ出しアプローチしていきます。

  3. 腰痛を放っておくとどうなるのか

    腰痛を放っておくとどうなるのか

    筋肉に硬結といって固くしこりのようなものが出来てしまい、関節拘縮といって動きが制限されてしまいます。
    スポーツではパフォーマンスがさがり、趣味でやりたいことも出来なくなってしまいます。
    さらには日常生活で支障が出て立ち上がることさえ苦痛になります。

  4. 腰痛の改善方法

    腰痛の改善方法

    筋肉の硬結は自分で取ることも出来ますが、時間がかかってしまいます。
    柔軟体操やストレッチも有効ではありますが、硬結部分はなかなか伸ばせません。
    また、原因が分からないままでは自分でも対処するのは難しいでしょう。
    日常の癖は自分では無意識なので。
    施術者による検査を受け適切な施術を受けることをお勧めします。

  5. 腰痛にはどんなメニューがおすすめですか?

    筋肉に対しては硬結を緩める手技療法が有効です。
    指圧法をベースに揉捏法や筋膜リリースを施します。
    また骨盤からくる腰痛には矯正治療が支持を得ています。

  6. 改善するにはどのくらいの頻度で通えばいいのか

    ぎっくり腰のような急性症状の場合は、1週間は毎日通っていただきます。
    日常生活に支障をきたしている腰痛に関しても週に6~5日、特別な動作のみの痛みであれば週に2回程度で最低3ヶ月の通院期間となります。

▲ページの先頭へ戻る

げんきや接骨院新宿御苑のご案内

【住所】〒151-0071 東京都新宿区新宿1丁目31−16 ヤノビル2階 【電話】TEL:03-3350-0184

げんきや接骨院・げんきやはり灸院外観
受付時間 土・祝
10:00 ~ 13:00 /
15:00 ~ 20:00 14:30 ~ 18:00 /

土・祝営業しております。

当院の場所

新宿御苑前駅から徒歩4分

詳しい案内は「所在地・地図」で
ご覧になれます。

新宿区から多数来院されております。

▲ページの先頭へ戻る