4月のテーマ 腰痛について

季節はすっかり春になりましたね~☻

新年度になり、心機一転という人も少なくないと思います。

楽しい学生ライフなど🍻

恋する季節とも言われていたのもあってかソワソワしていた頃を思い出します。

今は、、、、ノーコメントでw というつまらない冗談はさておき(笑)

今回は腰痛について 見ている皆さんにお伝えしたいと思います。

腰痛という言葉をよく耳にする中で経験している人も多いのではないでしょうか?

日常生活を送る中で悩んでいる方も多いと思います。

 

原因は様々ありますが、大きく考えられるのは以下の3つと言われています。

①【 骨、筋肉、椎間板などの障害】

これは年齢や性別問わず、一番多い理由として考えられます。

その中でも加齢による筋肉の衰退によって支える力が弱くなることで起きるもの、長時間での同じ姿勢から無理な体勢に変えることなどが原因とされています。

例)デスクワーク、寝返り、重い物持つ、運転、スポーツなど

②【 内臓・血管の病気】

風邪、腎臓や尿管の結石、血管の閉塞、腹部大動脈瘤が原因で痛みが出てくることがあります。

③【 心因性の場合】

精神的ストレスによるものもあります。

この3つの中から今回は①について焦点を当てて取り上げていきます。

特に例に上がっている作業や動作の多い方は、痛みを感じるまま、長く放置してしまうのはあまり良くありません!

たかが腰痛といえどヘルニアや狭窄症といった疾患になるリスクが高まってしまいます。

(*ヘルニアとは 腰椎が正常の位置から前後左右にはみ出すことにより痺れや痛みが生じるもの)

(*狭窄症とは 骨と骨を支えるクッションがあり、ここがすり減って痛みが生じるもの ヘルニアと合併することもあります)

このようなリスクを減らしていく為にもまず日常生活を見つめ直していきましょう!!

では簡単にご自身の今の状態を確認してみましょう。

確認方法としてご家族がいる方は一緒にお住まいの方と、一人暮らしの方はご自分で鏡を見ながら今の姿勢を見てみてください。

背中が丸まっていませんか?(もしかしたらそれは猫背かも)

姿勢の確認をしたのには理由があります。

それは背中が丸まっている状態から無理に身体を反ったり、捻ったりなどをすることで腰の痛みに繋がるおそれがあるからです。

ですので姿勢の改善していく必要が出てきますよね。

その他にも股関節の硬さ、殿筋の硬さが腰の痛みの要因のとして考えられることをご存知でしたか?

股関節と殿筋は密接に関わっており、片方が固くなるともう片方が上手く機能しない為、歩くなどの動作がしづらくなります。

よって地面からの衝撃が吸収できず、腰に負担を掛けてしまいます。

これまでのことをまとめると姿勢の悪さや股関節、殿筋の硬さ改善することで腰の痛みを和らげることができます。

その方法として姿勢矯正や腰痛体操、ストレッチなどが挙げられます。

今回は2つほど簡単にできる腰痛体操をさらっと紹介しますね。

1.背中と腰のストレッチ

仰向けで片膝を抱えて胸にひきつけて5秒止める動作を左右各10回

2,腰を反らせる体操

足を肩幅よりやや広めに開き、両手を腰に当てそれを支点に腰をしっかり反らせる

息を吐きながら最大限に反らせた状態を3秒間保つ(1~2回)

今回紹介したもの以外にもまだまだ沢山あります。

体の状態に合わせたストレッチや体操をご提案することもできますので気軽に厨川スタッフにお声掛けください!

また鍼やお灸といった治療もございますので興味がある方はご相談下さい!

患者様に笑顔になってもらえるような治療を心掛けていきます!

☆スタッフ一同皆様のご来院をお待ちしております☆

 

▲ページの先頭へ戻る

げんきやはり灸整骨院厨川のご案内

【住所】〒020-0124 盛岡市厨川3丁目13-12 【電話】TEL:019-601-1414

げんきやはり灸整骨院厨川景観
受付時間 土・日・祝
9:30 ~ 12:00 /
14:30 ~ 20:00 / 14:00 ~ 18:00

土・日・祝営業しております。

当院の場所

IGR厨川駅から徒歩6分
お好み焼き道とん堀盛岡厨川店隣

詳しい案内は「所在地・地図」で
ご覧になれます。

駐車場あります。

▲ページの先頭へ戻る